故障原因を突き止める|急なシャッターの故障は業者に見てもらおう|プロに修理を依頼

故障原因を突き止める

ヘルメット

シャッターは滅多に壊れないというイメージを持っている方が多くいますが、自然災害や事故によって故障することも少なくありません。また、気が付かないうちにシャッターが壊れていたなんてことも少なくないのです。トラブルが起きた場合には、どこが故障しているのか確認して修理する必要があります。

何かにあたってシャッター本体が壊れてしまった場合は、すぐに故障個所を把握できるので修理依頼を行なうことがほとんどですが、電動式の場合はリモコンやスイッチが壊れているのか、それともシャッター本体が壊れているのか、わからないものです。故障の原因はシャッター本体が壊れていることがほとんどですが、リモコンの電池切れやスイッチの接続不良なども挙げられます。スイッチの接続不良の場合は、シャッターの修理業者ではなく、電気業者を呼ぶ必要があるので、どこが故障しているのか見極める必要があります。事前に確認しておけば、自分で解決できる方法もあるので、修理費用を抑えることができます。

また、シャッターのトラブルはいつ起こるのかわからないので、定期的に点検しておくことも大切です。最近では、修理業者がシャッターの定期点検を行なっている場合があります。店舗や商業施設の場合には、シャッターが壊れてしまい、お店が開けられなくなることもあるので、こまめに点検やメンテナンスを行なっておくと良いでしょう。シャッターを長期間使用している場合も、定期的に点検しておきましょう。